【キッチングッズ柳屋】へご来店頂き誠にありがとうございます。♪特典いっぱいの会員募集中!今なら600pt プレゼント!♪




ジンギスカン鍋


IH対応 ガラス蓋付 アルミ製
すき焼き鍋


すき焼き鍋 すき楽 ガラス蓋付



ヘルシーお鍋はジンギスカン
南部鉄器 岩鋳 ふる里鍋
南部鉄器 岩鋳 ジンギスカン鍋




特集!スタッフおすすめのあれこれ
南部鉄器 岩鋳
南部鉄器 及源
インペリア
石見焼
常滑焼
萬古焼
珪藻土コンロ
珪藻土コンロ用品
ガスコンロ
ユニフレーム
プロ・業務用鍋
プロ・業務用鍋(ステンレス)
そば道具
イソライトかまど・かまど用品
有田焼 匠の蔵シリーズ
日本ニーダー 洗える製麺機
ななかまど
スリースノー
VICTORINOX (ビクトリノックス)
mastrad (マストラッド)
季節商品
ステンレス製品
ボール
ざる・ザル
鉄製品
銅製品
木製品
アイディア商品
会員様限定商品
アルミ製品

おすすめの使い方で探す

ご案内

オンラインショップマスターズクラブ
キッチングッズ柳屋は
OSMC(オンラインショップマスターズクラブ)の正会員です。

石見焼

 
「石見焼」かめ 漬物容器の販売を開始致しました。
「岩見焼 かめ」は平成6年4月に経済産業大臣(当時は通商産業大臣)より「伝統的工芸品」の指定を受けた製品です。
「伝統的工芸品『石見焼』検査委員会」による厳しい検査を受け、「伝統的工芸品」に認められたもののみをお届けしております。
一つとして同じものは無い手作りの逸品を、お客様のお手元まで安全に届くようしっかりとした梱包で発送させて頂きます。

※「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」についてはコチラ(指定基準は第二条)
 
石見焼 吉田製陶所 かめ 切立蓋付

寸胴型に作られているので、重石をかけた時にほぼ均一に重さがかかり、ムラなく漬け上がります。
梅干作り、お味噌作り等に最適です。

切立蓋付1号 / 満水容量:2.2L 有効容量:1.8L
外径:15.5cm 内口径:12.5cm 高さ:17cm 深さ15.5cm 重さ:1.3kg

切立蓋付2号 / 満水容量:4.6L 有効容量:3.6L
外径:20.5cm 内口径:17cm 高さ:26cm 深さ18cm 重さ:3.2kg

切立蓋付3号 / 満水容量:7.0L 有効容量:5.4L
外径:22cm 内口径:19.5cm 高さ:30cm 深さ22cm 重さ:5.0kg

切立蓋付5号 / 満水容量:11.0L 有効容量:9.0L
外径:27.5cm 内口径:22.5cm 高さ:32cm 深さ23.5cm 重さ:6.3kg

 
石見焼 吉田製陶所 かめ 丸壷蓋付
口の部分が小さくなっているので、蓋を開けても比較的直射日光や光りが当たりません。
直射日光などを嫌う発酵食品には最適です。?
特に糠漬けなどは糠のかきのこし等が少なく、むら無く漬け上がります。

丸壷0.8号 / 満水容量:1.7L 有効容量:1.44L
外径:15.5cm 内口径:10cm 高さ:18.5cm 深さ14cm 重さ:1.3kg

丸壷3号 / 満水容量:6.5L 有効容量:5.4L
外径:23.0cm 内口径:14cm 高さ:27cm 深さ215cm 重さ:4kg

丸壷5号 / 満水容量:10.0L 有効容量:9.0L
外径:29.0cm 内口径:17.0cm 高さ:31cm 深さ25.0cm 重さ:6.3kg
※サイズ・重さにつきましては手作りのため個体差がございます。参考値としてお考え下さい。
 
「石見焼」とは? ※島根県HPへジャンプ
● 安心・安全の日本製です。(産地は島根県浜田市)
● 経済産業省大臣指定「伝統的工芸品」
● 250年以上の歴史を持つ技術
● 捏ね作業から成型まで全て手作業で製造
● 陶土(陶器を作る原料の土)の100%をその土地で採掘
● 陶土は耐酸性に優れているので漬物容器として最適
● 焼成窯の温度を1250℃~1300℃にし、しっかりと焼き締め
● 釉薬原料の約90%が日本産
● 鉛・カドミウムなどの重金属は一切不使用
● 土から作られるかめは、現代の社会問題である「環境ホルモン」とは無縁
 
 

「石見焼」とは、良質の陶土地帯(都野津層)である島根県江津市や浜田市を中心として生産される焼き物の総称です。
江戸時代中期(1763年)に周防国岩国藩(現在の山口県付近)より製法が伝えられ、1780年代に備前国(現在の岡山県付近)の陶工により大物陶器の製法が伝授され、水を保存しておくための「水瓶(みずがめ)」等が生産されるようになりました。
今と違って水道が無かった時代では、溜めた水を保存しておける大きなかめはどの家庭でも必需品でした。 
江戸時代末期には当時の藩の家老が陶器生産を奨励したため窯数も増加し、一大の水瓶産地となっていきました。
その頃には航路での運搬が確立され北海道から九州まで販路が伸び、「石見のハンドウ」と言う名で一躍全国にその名が広まり、親しまれていました。
大正時代中期頃からは大物陶器だけでなく茶器や鉢など製品が多様化し、鉄道山陰本線に開通により販路はさらに広がりを見せ、昭和初期にかけての全盛期を迎えます。
その後日本は第二次世界大戦からの高度経済成長期を迎え、上水道の整備・プラスチック容器の普及により、かつて必需品として重宝された「石見のハンドウ」は影を潜めるようになりました。
これにより多くの窯元は大きな打撃を受け、最盛期には100軒もあったと言われる窯元も次々と転廃業を余儀なくされました。
そんな厳しい状況下でも市場のニーズに応えるべく、尽力した窯元があります。今回ご紹介している「かめ」の窯元である、「吉田製陶所」もその一つです。
その甲斐あってか石見焼は平成6年4月に「伝統的工芸品」の指定を受けました。
そして現在、石見焼は手作りの素朴な風合いと、伝統を活かした確かな品質の焼き物として見直され、多くの方に高く評価を得ています。
 

ステンレス・アルミなどの金属品や、安価で扱いも手軽なプラスチック製品などが台頭し、オートメーションでの製造により全ての製品の形・サイズなど全く同じものが普及するこの時代に、完全手作りの陶器製のかめは、もしかすると受け入れて貰えないかもしれません。
どんなに熟練した職人でも、原料の土をこねるところから成型まで全て完全手作業で、さらに焼成(窯に入れて焼くこと)工程もある陶器製のかめの"精密さ"には限界があります。
同じ形状の同じサイズの製品でも、目に見えるほどの個体差があります。口の部分(容器本体上部)の水平を測ってもキッチリ真っ直ぐではない場合があります。重さにも個体差があります。
しかし、それでも伝統的工芸品の石見焼のかめは、きっと最高の漬物容器として受け入れられるものと私達は確信しています。
以前多種取り扱っていた「久松窯」のかめは、この石見焼をお手本にして作られていました。もちろん品質はお墨付きです。
 

味噌や梅干し・ぬか漬け・お漬物を作る時に必ずついて回るのが水分と塩分です。したがって漬物容器には「耐水性」と「耐酸性」が強く求められます。
石見焼ではその地域で採掘したもともと耐酸性に優れた「陶土」を細かく砕き、水と混ぜて撹拌(かくはん)し、粒子の細かいもののみを取り出し使用しています。土の粒子は細かければ細かいほど焼成時に良く焼き締まり、より強固なものとなります。
そうなると水分や塩分を吸収しにくくなり「耐水性」「耐酸性」が格段に向上するばかりか、温度変化にも強くなります。
石見焼のかめは「耐水性」と「耐酸性」に非常に優れているため塩こし・貫入が起こる事がなく、なるべく一定の温度で熟成させる事が好ましい味噌や梅干し・ぬか漬け・お漬物を温度変化から守ってくれるので、漬物容器としては抜群の力を発揮します。
さらに表面には釉薬(ゆうやく:「うわぐすり」とも言います)が掛けられ、ツルツルとしたガラス質になっているので、その部分に関してはまったくと言っていいほど水分や塩分が染みることはありません。(釉薬は人体には無害です)
江戸時代からのままの原料・技法で作られる石見焼のかめは、高い安全性と機能性を持ち、もちろん環境ホルモンなどの化学有害物質とは無縁です。
「昔ながら」は安全・安心の印なんです。
 

かめなどの漬物容器を作る時に、その善し悪しを決める重要な役割を担うのが「焼成窯」と呼ばれる焼き上げ用の窯で、中は極めて高温の状態となります。石見焼のかめはその焼成窯で2度焼きます。
1度目は「素焼き」です。「素焼き」とは轆轤(ろくろ)での成型後に乾燥させたものを窯に入れ焼く作業のことを指します。この時の温度は約800℃前後となります。
2度目は「本焼き」と言い、素焼きの後釉薬を塗ったものを窯に入れ、素地を焼くと共に釉薬をしっかりと定着させる役割を担っています。この時に窯の温度が低いとしっかりと土を焼き締めることが出来ず、貫入・塩こしの原因となります。
通常本焼きの窯の温度は1200℃ほどですが石見焼でのこの本焼きの温度は約1250℃~1300℃にも達します。たかが50℃~100℃の違いですが、この違いが善し悪しを決める重要なラインだと言われています。
これら2度の焼成により、そして高温で焼くため磁器に近い素地となり品質を高めています。
 

「貫入」とは、焼き上げにムラがあったり、十分に焼き上がらないまま窯から出してしまったりして、生地や釉薬に水分が残っている状態で、膨張や伸縮が繰り返されると釉薬にひびが入ってしまい、ひどい場合には生地までひびが入り割れが起こってしまう現象です。貫入が入ると塩分や水分が外に漏れ出てしまう「塩こし」の原因となります。
石見焼では粒子の細かい、そして耐酸性の高い陶土(陶器を作るための土)を使用し、高温で焼き締めるためヒビや割れが起きていない限り、絶対に貫入は致しません!
 

●『かめ』で作ったものの美味しさは格別!●
それは、「何となく」ではないんです。もちろんちゃんとした理由があります。 
かめでお漬け物や味噌・梅干し・ぬか漬けなどを作る時の主役は「乳酸菌」や「酵母菌」です。
かめは釉薬が塗られていて、内側・外側共にツルツルしているので消毒がしやすく、これらの主役の菌をカビ菌などの悪い菌から守ってくれます。
さらに、土で出来た陶器は厚く作られていて、暖められにくく冷やされにくい性質を持っているので温度を一定に保つことが出来、「乳酸菌」や「酵母菌」が一番嫌う急激な温度変化から守ってくれます。
また、釉薬(ゆうやく・うわぐすり)を塗った陶器は酸や塩分に非常に強く、それらを多く含むお漬け物や味噌・梅干し・ぬか漬けなどを作るのに最適の素材です。
そして、蓋をしてしまえば光りを遮断し中は暗くなるため、「乳酸菌」や「酵母菌」は発酵時に余計な邪魔をされず、発酵のみに集中でき美味しい食品が出来上がるというわけです。
釉薬を塗ってあるのとお手入れも簡単でにおいも残りにくく、例えば味噌を造り終わったかめを洗えばお漬け物や梅干しなど他の用途にも安心して使用することが出来ます。
 



※ご購入前に必ずお読み下さい※

 

機械化が進みキッチリしたサイズ・キッチリした形の製品が数多く普及する現代ですが、全て手作業の製品はそうはいきません。
どんなに腕の良い職人であっても、その時の気温・湿度などによって微妙に変化する陶土を、捏(こ)ね・ろくろ成型・釉薬塗りの工程を全て手作業で行い、さらに陶器製品に必要不可欠な焼成工程もあり、思い通りに製作することは至難です。 当然個体差は出てきます。粗っぽく見えるところもあります。もしかすると、そのような製品は現代では受け入れて貰えないかもしれません。
しかし、それが手作り製品の醍醐味でもあります。そして、使えば使うほどに分かる絶対の品質がそこにはあります。
轆轤(ろくろ)を使い、江戸時代から伝わる技術を用いて、熟練の職人が一つ一つ丹精込めて作った製品を是非お手にとって頂ければと、私たちは思っております。
これより下は、製造工程上修正することの出来ない手作り焼き物特有のもので、ご使用には差し支えはございませんのでご理解頂いた上でご購入頂ければ幸いです。お買上げ頂く前に必ずご覧下さいませ。
全ての製品に下記の全てが起こるわけではございませんが、実物をご覧頂けないインターネットでのお買い物ですので、このようになる原因のご説明を適宜記載し、ご迷惑をおかけしないよう取り組んで参ります
 
容器本体の口の部分は水平ではない場合があります
陶器は焼成窯で焼く時に土が焼き締まるため、成型時より収縮します。これが抜群の耐水性・耐酸性を誇る所以なのですが、焼き締まり方にも左右上下に差があります。そのため、水平な台の上に置いて測っても、容器本体の口の部分が水平ではないことがあります。
 
内面・外面・底面に斑点やシミのような跡があります
陶器の表面はツルツルとしたガラス質で覆われています。これは「釉薬」または「うわぐすり」と呼ばれるもので、身近で例えるならごはん茶碗の表面のものと同じです。
この釉薬を塗っている時、または焼成窯で焼いている時にこぼれたりするとこのように斑点やシミのように表面に出て来ることがあります。
もともと釉薬は人体には無害なものですので、安心してご使用頂ければと思います。
 
内面・外面・底面に伸ばし跡があります
轆轤(ろくろ)成型時に土を手で伸ばすと、伸ばし跡が出来ます。ヒビ・カケののように見えますが、これは焼成時にその跡が焼き締まり表面に表れたものになります。
土自体がしっかりと焼き締まっていて、釉薬も塗ってありますのでここから水分・塩分が染み出てしまうことはありません。
 
内側の底面と側面の境にシワがあります
製造工程上、底面を作成しそこから厚い生地を曲げるようにして側面を立ち上げていくので、曲げた部分にはシワが寄ることがあります。
これは表面だけで外まで達してはいませんので、水分・塩分が漏れ出したり使用中に亀裂が入ることはありません。
 
生地こぼれがあります
轆轤(ろくろ)での成型時に削ったり伸ばしたりしているとどうしても生地が中に落ちてしまいます。大きなものは取り除きますが、写真のような細かなものはどうしても取り除くことが出来ません。
そのまま焼成窯に入れ素焼きをし、釉薬をぬって本焼きをしておりますので、ご使用上差し支えはございません。
 
釉薬にヒビがあります
このヒビは釉薬が他の場所より必要以上に多く塗られ、垂れて固まった場所に発生します。このヒビの下にはちゃんと必要分だけ塗られた釉薬が定着しているので、安心してご使用下さい。
尚、ヒビの見える部分に蒸気を当てても、そのヒビが広がったり染みたりすることはございませんでした。
 
容器の縁と裏側・蓋の裏側は釉薬が塗ってありません
焼成窯の中では容器は重ねて焼かれています。一つ目を台の上に乗せて、その上には逆さにした同サイズの容器を縁を合わせて重ね、その上には容器の裏側を合わせて重ねています。別の容器と接している部分には釉薬を塗ることが出来ませんので、下の写真ように素地のままとなっております。
蓋は裏側を下にして釉薬を塗るので裏側には釉薬がかからず、こちらも素地のままとなっております。
石見焼の陶土は粒子が細かく良く焼き締まる性質を持っており、吸水試験の通り水分をほとんど吸わないので、釉薬が塗られていなくても染みてカビの原因にはなりません。
 
容器表面の垂れ模様/蓋の模様の形・大きさは一つ一つ違います
一つ一つ職人が色付けをしているため、一つとして同じ模様はありません。垂れ具合も自然に任せて色を付けていますので、様々です。
 
※以上のことをご理解頂いた上でご購入頂ければ幸いです。
お知らせ
「久松」は既に廃業したメーカーではありますが、「まだ久松の倉庫にかめがある」と言う情報を得て確...
新着商品
石見焼の中から

石見焼 かめ 漬物容器 切立蓋付

石見焼 吉田製陶所 かめ 切立蓋付
寸胴型に作られているので、重石をかけた時にほぼ均一に重さがかかり、ムラなく漬け上がります。
梅干作り、お味噌作り等に最適です。

 

切立蓋付1号 / 満水容量:2.2L 有効容量:1.8L
外径:15.5cm 内口径:12.5cm 高さ:17cm 深さ15.5cm 重さ:1.3kg

切立蓋付2号 / 満水容量:4.6L 有効容量:3.6L
外径:20.5cm 内口径:17cm 高さ:26cm 深さ18cm 重さ:3.2kg

切立蓋付3号 / 満水容量:7.0L 有効容量:5.4L
外径:22cm 内口径:19.5cm 高さ:30cm 深さ22cm 重さ:5.0kg

切立蓋付5号 / 満水容量:11.0L 有効容量:9.0L
外径:27.5cm 内口径:22.5cm 高さ:32cm 深さ23.5cm 重さ:6.3kg

 
※サイズ・重さにつきましては手作りのため個体差がございます。参考値としてお考え下さい。
 
「石見焼」とは? ※島根県HPへジャンプ
● 安心・安全の日本製です。(産地は島根県浜田市)
● 経済産業省大臣指定「伝統的工芸品」
● 250年以上の歴史を持つ技術
● 捏ね作業から成型まで全て手作業で製造
● 陶土(陶器を作る原料の土)の100%をその土地で採掘
● 陶土は耐酸性に優れているので漬物容器として最適
● 焼成窯の温度を1250℃~1300℃にし、しっかりと焼き締め
● 釉薬原料の約90%が日本産
● 鉛・カドミウムなどの重金属は一切不使用
● 土から作られるかめは、現代の社会問題である「環境ホルモン」とは無縁
 
 
一つとして同じものは無い手作りの味の詰まった逸品を、お客様のお手元まで安
1個 3,180円
一つとして同じものは無い手作りの味の詰まった逸品を、お客様のお手元まで安
1個 4,530円
一つとして同じものは無い手作りの味の詰まった逸品を、お客様のお手元まで安
1個 5,880円
一つとして同じものは無い手作りの味の詰まった逸品を、お客様のお手元まで安
1個 7,770円

石見焼 かめ 漬物容器 丸壷蓋付

石見焼 吉田製陶所 かめ 丸壷蓋付
口の部分が小さくなっているので、蓋を開けても比較的直射日光や光りが当たりません。
直射日光などを嫌う発酵食品には最適です。?
特に糠漬けなどは糠のかきのこし等が少なく、むら無く漬け上がります。
丸壷0.8号 / 満水容量:1.7L 有効容量:1.44L
外径:15.5cm 内口径:10cm 高さ:18.5cm 深さ14cm 重さ:1.3kg

丸壷3号 / 満水容量:6.5L 有効容量:5.4L
外径:23.0cm 内口径:14cm 高さ:27cm 深さ215cm 重さ:4kg

丸壷5号 / 満水容量:10.0L 有効容量:9.0L
外径:29.0cm 内口径:17.0cm 高さ:31cm 深さ25.0cm 重さ:6.3kg
 
※サイズ・重さにつきましては手作りのため個体差がございます。参考値としてお考え下さい。
 
「石見焼」とは? ※島根県HPへジャンプ
● 安心・安全の日本製です。(産地は島根県浜田市)
● 経済産業省大臣指定「伝統的工芸品」
● 250年以上の歴史を持つ技術
● 捏ね作業から成型まで全て手作業で製造
● 陶土(陶器を作る原料の土)の100%をその土地で採掘
● 陶土は耐酸性に優れているので漬物容器として最適
● 焼成窯の温度を1250℃~1300℃にし、しっかりと焼き締め
● 釉薬原料の約90%が日本産
● 鉛・カドミウムなどの重金属は一切不使用
● 土から作られるかめは、現代の社会問題である「環境ホルモン」とは無縁
 
 
一つとして同じものは無い手作りの味の詰まった逸品を、お客様のお手元まで安
1個 3,180円
一つとして同じものは無い手作りの味の詰まった逸品を、お客様のお手元まで安
1個 5,880円
一つとして同じものは無い手作りの味の詰まった逸品を、お客様のお手元まで安
1個 7,770円


送料詳細 FAXご注文用紙はこちらから お支払い方法詳細 会員登録はこちらから ログイン レビュー プライバシーステートメント


キーワード検索

探すところ:
※プルダウンで選択して検索してください

このページをシェアする






本場盛岡
安心・安全の日本製


南部鉄器 岩鋳 すき焼き鍋


ご家庭で生パスタ!
インペリア パスタマシーン

インペリア パスタマシーン
ショッピングカートナビ
カートは空です。

キッチングッズ柳屋会員様ログイン
メールアドレス

パスワード

新規ご登録
パスワードをお忘れの方

    安心のSSL
「キッチングッズ柳屋」は Starfield Technologies のSSLサーバ証明書により保護されており、サイトとの通信は最大256bit強度で暗号化されていますので安心してご利用いただけます。


★ほしい物が見つかる!★
キッチン用品カタログ
キッチン用品カタログPDF

そば打ち道具
お気に入り登録が便利です!
お気に入り登録をしますとお客様自身のマイページより「お気に入り商品」へのリンクがされ販売在庫状況などが一目でわかります!
ログインユーザーのみご利用いただけます。

新着情報をメールでGet
こちらの商品の様々な情報をメール入手出来ます!価格変更、新しいレビューや調理方法、レシピのお知らせ、Q&Aに関すること、etc会員以外の方でご利用する場合は、メールアドレスを入力の上、設定ボタンをクリックしてください。

メールアドレス:
  

投稿状況を見てみよう


新着商品
石見焼の中から

人気商品

定休日カレンダー
2016年05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2016年06月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
赤色の日は商品発送及びメール返信等をお休みしています。

ユニフレーム ユニセラTG

調理器具 豆知識


常滑焼かめレシピ集


キッチングッズ柳屋
on Google+